インプラント

インプラントの失敗を防ぐ方法とは?術前検査の重要性を解説

インプラント技法とは

優れた入れ歯であるインプラントを希望する場合、インプラント治療のための術前検査を受ける必要があります。インプラントとは顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する技術です。従来の入れ歯と違い、天然歯とほとんど変わらないため、審美性に優れ、通常の入れ歯のような違和感がないのが特徴です。

術前検査の重要性

インプラント治療の失敗を防ぐためには、患者さんをさまざまな角度から丁寧に診察し、適切な治療計画を立てることが重要です。そのために、まず術前検査として全身疾患の有無を確認します。 全身疾患には、高血圧、脳血管、心身症、糖尿病、甲状腺、血漿板異常などがあり、一見するとインプラントとは関係ないように見えます。しかし、これらの全身疾患は、インプラントと大きく関係しています。例えば、免疫力が低下すると歯周病が発生しやすくなり、インプラントと顎の骨の結合力が弱まり、インプラントがグラグラしてしまうことがあるのです。また、血液をサラサラにする薬を処方されている場合、インプラント治療中の出血が止まりにくくなることもあります。このように、薬などによってインプラント治療に影響を与えるような全身疾患があるかどうかを把握する必要があります。多くの場合、患者さんとの問診や血液検査で把握します。

禁煙と顎の骨重の重要性

さらに、禁煙は必須ではありませんが、ヘビースモーカーの方は、インプラント治療を控えることをお勧めします。また、インプラントは人工歯根を顎骨に埋め込むため、顎骨の骨量が十分であることが重要です。骨量とは、緻密で硬くなった骨が十分にあることを意味します。顎の骨が薄いと、人工歯根をしっかりと埋め込むことができないため、骨造成手術を行う必要があります。

インプラントと禁煙の関係性についてはこちら>>

骨造成手術と3次元的な口腔内検査

骨造成は、骨移植としても知られており、口腔内の他の部分から骨を採取し、骨の重量が不足している場所に移植する外科的処置です。また、骨の代わりとなる薬剤を用いて人工的に骨を作ることもあります。インプラント治療は、人工歯根の土台がしっかり確保されなければ成功しません。 インプラント治療の術前検査では、口腔内を3次元的に検査します。実際にインプラントを埋め込む顎の骨の厚みや高さを検査し、歯や歯茎の状態もチェックします。虫歯や歯周病がある場合、口腔内は細菌に感染しやすくなっています。それを軽減するために、インプラント治療を始める前に、虫歯や歯周病の治療を行います。

失敗しないためのインプラントまとめ

このように、インプラント治療には、全身疾患や顎の骨の重さを確認する術前検査、口腔内検査が必須となります。問題がある場合は、インプラント治療に最適な状態まで改善してから治療を開始することになります。 インプラント治療を検討されている方で、自分に合うかどうか迷っている方は、専門医にご相談を。あなたの不安を解消するために、しっかりとしたカウンセリングを行ってもらいましょう。