インプラント

インプラントの寿命は何年?長持ちさせるためのポイント

インプラントの寿命と長持ちさせるポイント

自身の歯に近い機能を持ち、審美性にも優れているインプラント。

別名 人工永久歯とも呼ばれ、1度治療を受けると永久的に使えると思っている方も多いでしょう。

今回はインプラントの寿命についてお話しします。

インプラントの寿命は約5〜10年と言われている

インプラントは歯の欠損に対して非常に有効な解決策であり、噛み心地や審美性に優れた入れ歯です。

ただし、半永久的なものではなく、インプラントの寿命は10年~15年程度と言われています。

しかし、インプラント治療後のメンテナンス次第では、インプラントの寿命を15年~20年まで延ばすことが可能です。

逆にメンテナンスを怠ると、10年未満でインプラントが脱落してしまう可能性が高くなります。

定期メンテナンスの重要性

インプラントのメンテナンスでは、噛み合わせやインプラントの可動性の程度を確認します。

しかし、一番の目的はインプラント周囲炎を予防することです。

インプラント治療は処置して終わりではなく、処置した後が重要です。

通常のセルフケアだけでは口腔内を清潔に保つことができないため、歯周病になる確率が高くなります。

インプラント周囲炎とは

プラークの中で繁殖した様々な細菌が、インプラント周囲の組織に侵入することで起こる炎症です。

インプラント周囲炎の症状が進行するとインプラントを支える歯槽骨が破壊され、歯肉の退縮やインプラントの人工歯根の露出が起こり、最悪の場合インプラントが脱落してしまうこともあります。

インプラント周囲炎による脱落

インプラント周囲炎で外れたインプラントの再手術は、まず炎症を完治させる必要があります。

炎症はすぐに治るわけではなく、一定の期間が必要です。

その間、患者さんは歯がない状態で生活しなければなりません。

さらに、インプラント周囲炎がインプラントに影響を及ぼしている場合、骨を作る手術をしなければインプラントをきちんと固定することはできません。

この手術は時間も費用もかかります。

インプラントの寿命を延ばすポイントは定期メンテナンス

インプラント治療は施した時点から治療が始まると考えて、3~6ヶ月に一度の定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスのために通院することも大切ですが、日々のセルフケアを実践することも非常に重要です。

つまり、自己流ではなく、きちんと歯を磨くことです。

正しいブラッシング方法を身につけるには、クリニックで歯磨き指導(TBI)を受けるとよいでしょう。

セルフケアとメンテナンスをしっかり行うことで、インプラントの寿命を延ばし、より快適な日常生活を送ることに繋がるのです。